2010年01月21日

ディズニーシーの地下鉄

ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントに地下鉄の入り口がありました。

うっかり見過ごしてしまいそうtds_subway.jpg


ここはブロードウェイ駅のようです
tds_subway2.jpg



地下鉄駅に行く階段。でも入れません。(あのドアは開くのかな? 気になります)
tds_subway3.jpg


クイーンズまで行くようです。
tds_subway4.jpg



路線図があります。本物かな? レプリカかな?
tds_subway5.jpg



当時実在した民間の地下鉄会社「IRT (インターボロ高速輸送会社)」の路線図でした。
(クイーンズまで行く路線は、1918年に開業しました)

tds_subway6.jpg


◆    ◆    ◆    ◆    ◆

1904年にIRTがニューヨークに最初の地下鉄を開通。

当時の地下鉄料金は5セントでした。
車とは違い、地下鉄は庶民のための乗り物だったようです。

1904年ではなく1906年のものですが、実際の路線図がありました。(IRTの路線図)

世界でもまだ数少なかった地下鉄。
ロンドンでは蒸気機関の頃、トンネル内の汚染された有毒な空気のため、死者まででていたらしい。
新型電気式地下鉄となった後も、地下鉄の空気は問題になっていた。

そしてニューヨークでは、人々を安心させるために書いたはずの新聞記事が、逆に不安をあおってしまうというヘマをやらかした。

ニューヨークっ子の「期待」と「心配」で、地下鉄開通の関心度は最高潮に!! 

「ニューヨーク初の地下鉄ができる! 」

でも、

「空気は大丈夫なのか?!」

そして、開通当日。大司教により祈祷が行われ・・・


こういった話が好きな方に。
subway_history.jpg
今でもトンネル工事で使われている「シールド工法」。それは一匹の船食い虫がもたらしたものでした・・・。100年前に地下鉄工事中に偶然発見された幻の地下鉄トンネルの話などもあります。
『世界地下鉄物語 (著: ベンソン・ホブリック)』

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34854265

この記事へのトラックバック