2009年12月28日

ニューヨーク - 路面電車

romen4.jpg romen3.jpg

ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントに、20世紀初頭の路面電車のレールだけがある。
車の普及とともに路面電車は衰退していったのだが、そんな当時の様子を表しているのかもしれない。


streetcar2.jpg

『Manhattan's Lost Streetcars』 著者: Stephen L. Meyers

当時のニューヨークの路面電車の写真集があった。
日本語の本で100年前のアメリカの写真ってあまりないので見てみたい。探したけれど図書館にはないなぁ・・・
この写真集買うか迷ったのだけれど、Google Booksで本の一部が試し読みできるのを発見。

 Manhattan's Lost Streetcars (Google Books)

面白そう。
Google Booksは著作権がらみで各国で問題になっていますが、買う側にしてみれば事前に確認できるのでありがたいですね。



ニューヨーク路面電車が他の都市と違うところは、

 「上には架線がない!」

ニューヨークでは景観にうるさかったので、条例により 「空中に電線を貼ることが禁止」 されていたのです。

じゃあ、電気はどこからとっていたのだろう。

ニューヨークの路面電車は、「地中に埋設した給電線から、集電靴で集電」する方式で、「暗渠式集電」とか「コンデュイット方式」と言うらしい。

100年前のブロードウェイの写真をよーく見ると、レールが3本ある!
中央のレールが集電用のレールになっているらしい。
(※ディズニーシーの路面電車のレールはわかりやすく2本)

地面から電気を得るなんて歩いている人が感電しないか心配だけれど、必要な時だけ電流を流すように工夫されていたようだ。

敷設するために地面を掘らなければならなかったので、手間もお金もかかり大変だったみたい。

この方式、雨水で絶縁不良を起こす恐れがあったので、雨の多い日本では実現しなかった。

技術的なしくみは、『路面電車の技術と歩み (著:吉川 文夫 グランプリ出版)』の47、48ページに書いてある。

streetcar.jpg


posted by ペコペコ at 22:25| ディズニーランドとアメリカ史