2009年12月08日

100年前のニューヨーク

『100年前のニューヨーク』 (マール社)

100_newyork.jpg

100年前のニューヨーク市全域の主な建物と市街地の写真や絵を紹介した本。

原著は『KING'S VIEW OF NEW YORK』という100年前の1908年に出版された本なので、説明文も当時のもの。

なので、「現在建築工事の途中」なんて文言もあり、

  ・建物の土地代
  ・総工費
  ・高さ
  ・総床面積
  ・ビルの所有者の名前(社長・オーナー) etc...

なども載っている。

ちょうど都市交通システムの過渡期なので、道は人・馬車・路面電車・車でごっちゃごちゃ。もちろん信号なんてないし!

それにしても100年前であるにもかかわらず、高層ビルが立ち並ぶ摩天楼には驚き。

おもしろいのは、原著の『KING'S VIEW OF NEW YORK』の表紙は、当時の人が思い描いた「未来のニューヨーク」。

old_newyork.jpg
The Skyscraper Museum

高層ビルは「超」高層ビルとなり、高架鉄道はその「超」高層ビルの上を走る「超」高架鉄道となっている。

怖いけど、その「超」高架鉄道には乗ってみたい (^o^)


◆    ◆    ◆    ◆    ◆

【ディズニーシー】
ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントは1912年の設定なので、この本の写真と絵はその数年前の実際のニューヨークの様子。
ポートディスカバリーの建造物は、20世紀初頭の人々が描いた未来像をもとにデザインされているらしい。

【キャンディ・キャンディ】
作品中には1912年〜1914年のニューヨークがでてくる。
※舞台はこの本の数年後のニューヨーク。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34088457

この記事へのトラックバック