2010年02月02日

「ボストン・クリーム・パイ」 - マサチューセッツ州の公式デザート

昔よく行った近所のケーキ屋さんに『ボストン』というケーキがありました。

ホール型のスポンジケーキの中に、カスタードクリームがたっぷり入っていて、生クリームでデコレーションされたケーキでした。(→フランス洋菓子系の繊細な感じ)

久しぶりに食べたくなったのでどこかに売ってないか探してみたのですが、私のイメージとは全然違う「ボストン・クリーム・パイ」というケーキばかりがヒット。(→とてもアメリカンな感じ)

どうやら実際のボストンは、生クリームではなくチョコレートがかかっているようです。

boston_cream_pie.jpg


【公式デザート】
調べてみたら「ボストン・クリーム・パイ」は「マサチューセッツ州の公式デザート」とある!

「公式デザート」って言うのすごいですよね。公式ですよ、公式。

日本では「京都の八つ橋」や「長崎のカステラ」など、銘菓というのはあるけれど、(県花のような) 公式の県菓子なんてない (笑)


【公式ドーナツ】
マサチューセッツ州にはボストン・クリーム・ドーナツという「公式ドーナツ」もあるらしい。

ドーナツといえば、「ミスタードーナツ」と「ダンキンドーナツ」ですが、どちらも創業はマサチューセッツ州だそうです。
創業者は親戚なんだ。へぇ〜。

boston_cream_doughnut.jpg
※中にはカスタードクリームが入っている。
 クリスピークリームドーナツの「チョコレートカスタード」みたい

【ボストン・クリーム・パイの歴史】
http://whatscookingamerica.net/History/Cakes/BostonCreamPie.htm
「The Parker House Hotel」で作られた。
ホテルのレストランでは1856年の創業時からボストンクリームパイを出していたらしい。

【ボストン・クリーム・パイのレシピ (上記のレストランのレシピ)】
http://www.omnihotels.com/upload/images/hotels/bospar/pdf/parker%20house%20boston%20cream%20pie.pdf

posted by ペコペコ at 00:00| アメリカ史