2010年02月28日

70年以上前の漫画 - 「スーパーマン」・「バッドマン」、日本では・・・

ここ数日のニュースですが、「スーパーマン (1938年)」と「バッドマン (1939年)」の第一話が掲載されているアメコミ誌が、オークションで9000万円以上の値をつけて落札されたそうです。
個人間の取引でこの値段には驚きましたが、どっちも70年以上前の作品なんですね!

日本で70年以上前のマンガって何だろう?
日本の漫画のはしりというと、手塚治虫のイメージなんですが・・・

もしかしたら『のらくろ』あたりが古いかも。
かなり以前(数10年前?)ですが、アニメでリメイクされて、キャラクターグッズもいろいろ発売されていました。
そのとき、私の父と母が懐かしそうにしていた記憶があります。(話や設定は全然違っていたようですが)

調べてみると、
   ・
   ・
   ・

田河水泡の漫画『のらくろ』は、1931年に「少年倶楽部 (1914〜1962)」に連載。

ということは、スーパーマンやバッドマンよりも数年ほど古いんですね。

wikiによると、
『ノラ(孤児)の黒犬・のらくろ(野良犬黒吉)が猛犬聯隊という犬の軍隊へ入隊して活躍するというお話。・・・(中 略)・・・孤児ゆえの辛さを描写する事もあるが、田河はこの辺りの描写を自分自身と重ね合わせたという。・・・(後 略)』

昔の漫画って、今読むとけっこうショックを受けることがあるんですよね。
数年前に、「もーれつア太郎(1967年)」のニャロメだけの話を集めた本を読んだのですが、アニメでのいたずら好きで悪いことばかりしている猫というニャロメのイメージがふっとんでしまい、ニャロメ大好きになりました。(風刺的な話もあり)
ニャロメは、どんなにひどい扱いを受けても、自分の信念を貫いて生きていくタフな奴でした。


漫画の『のらくろ』は、私の持っているキャラクター系のかわいいイメージと全然違うんだろうけれど、読んでみたいです。




スーパーマン初登場に9000万円=コミック誌の最高落札額−米

 【ニューヨーク時事】人気漫画「スーパーマン」の第1話が掲載された米コミック誌「アクション・コミックス」が22日、漫画本のオークションサイトで競売に掛けられ、コミック誌史上最高額の100万ドル(約9100万円)で落札された。
 個人間の売買で、いずれの名前も明らかになっていない。
 オークションサイトによると、落札されたのは1938年発行の同誌創刊号。表紙には赤いマントをなびかせたスーパーマンが自動車を持ち上げ、放り投げようとする様子が描かれている。雑誌の価格は10セントだった。
 「スーパーマン」(原作ジェリー・シーゲル、作画ジョー・シャスター)は、異星からやってきたスーパーマンが新聞記者クラーク・ケントの顔も持ちながら、正義のために戦う物語。テレビや映画でも人気を集めた。
 これまでの最高落札額は31万7000ドルで、同じ創刊号が昨年樹立。今回の雑誌は保存状態が極めてよかったため、高値につながったという。 



バットマン初出誌1億円で落札 米コミックス史上最高額

 【ニューヨーク共同】米国の競売会社ヘリテージ・オークションズは26日、米を代表するヒーローのバットマンがデビューした39年5月の「ディテクティブ・コミックス」27号が25日に競売に掛けられ、約9600万円で落札されたことを明らかにした。アメリカンコミックスとしては史上最高額。今月22日には、スーパーマンが初登場した米コミック誌がオークションで100万ドルで落札されたばかり。
posted by ペコペコ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2010年02月25日

アップルパイ

キャンディ・キャンディに出てくる「ライラックのパイ」。
あれは、何のパイだったんでしょうね。

ハックルベリーの冒険やトムソーヤの冒険にもパイがでてきたと思いますが、何のパイかはわかりません。

おとといのアメリカでのトヨタ公聴会の前に、ケンタッキー州の知事(ベシア知事)が、

 「トヨタはアップルパイと同じくらいおなじみ」

と言っていました。

やっぱりアメリカでパイと言えば「アップルパイ」なんでしょうか?

アメリカ人のアップルパイへの思いが書いてある本を読んでみました。

お菓子系の本には、

【アメリカを代表する伝統菓子】

 ・アップルパイ
 ・パンプキンパイ
 ・ブルーベリーパイ
 ・ラズベリーパイ









posted by ペコペコ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンディ

2010年02月23日

州都と間違われる都市 - ニューヨークとシカゴ

livedoorニュースで 「ニセ」首都?首都・州都と間違われる都市ベスト10!―英旅行サイト」 という記事がありました。



 1位は 「ニューヨーク」
  ニューヨーク州の州都は、アルバニー市 (1797年〜)。

 3位は 「シカゴ」
  イリノイ州の州都は、スプリングフィールド市 (1837年〜)。



 
私も勘違いしてました (^^;)



【シカゴの歴史】
シカゴは1833年、町になった時点で人口は350人。
市に昇格した1837年には4200人ほどだったようです。
スプリングフィールド市がイリノイ州の州都になった年に、やっと市に昇格。
まさかシカゴがこんな大都市になるとは誰も思わなかったでしょうね。
posted by ペコペコ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | アメリカ史

2010年02月20日

ディズニーランド【改装中】2 - バッファロー・ビル

またまた、ディズニーランドの「ウエスタンランド・シューティングギャラリー」改装中のポスター。

buffalo_bill_tdl.jpg




【バッファロー・ビル (1846 - 1917)】
幼少の頃から乗馬と射撃にたけていた。
1883年から『ワイルド・ウェスト・ショー』を興行。
(拳銃捌き・駅馬車襲撃などを実演したショー)
ヨーロッパにも巡業し、荒々しい西部のイメージをヨーロッパに広めた。
多くのダイム・ノベル (10セント小説) の主人公にされた。




1875年の写真。
buffalo_bill.jpg

2010年02月19日

ディズニーランド【改装中】 - アニー・オークレイ

ディズニーランドのビッグサンダーマウンテン横の建物が改装中だった時、張ってあったポスター。(今も改装中かどうかはわかりません)

tdl_anni.jpg

当時の雰囲気を出すために、それっぽいイメージのポスターを作ったのかなと思いましたが、よく見たら実在の人物。
すごいっ! 単なる改装中なのに凝ってますね。




【アニー・オークレー (1860 - 1926)】

幼少の頃から評判の女性の射撃名手。
バッファロー・ビルの主催する『ワイルド・ウェスト・ショー』の看板スター。
映画やミュージカルにもなった → 「アニーよ銃をとれ」




そういえば、改装中の場所って射撃場でした。
  →「ウエスタンランド・シューティングギャラリー」

ちゃんと意味のあるポスターだったのですね。

ポスターと同じアニーの写真がありました。(1899年)
annie_oakley.jpg

2010年02月17日

ディズニーランドにあったクックストーブ

以前、ディズニーランドのレストラン「グランマ・サラ」にあったクックストーブについてのブログを書きましたが、メーカーと製品名が判明しました。

カナダのEnterprise Fawcett社 (1852年創業) の製品で、「MONARCH」というモデルのクックストーブでした。

このクックストーブは、1世紀前と同じ方法で製造した製品のようです。

monarch.jpg

値段まではわかりませんでしたが、薪や石炭を使うので、これを日本で使用するというのはかなり無理があるように思います (^^;)
料理教室か何かで、100年前の料理体験とかあれば使ってみたいです (^▽^)

【MONARCH】
http://www.enterprise-fawcett.com/monarch.php

【Enterprise Fawcett社】
http://www.enterprise-fawcett.com/

2010年02月15日

もしキャンディキャンディが全6回連載だったら・・・ 

『ソワレ vol.30』 - 1995年
特集●永遠の夢バイブル! 漫画大好き!

soire.jpg

15年前の雑誌です。
1ページだけですが、いがらしゆみこ先生のインタビューが掲載されています。
本当はホームページの方に載せようと思ったのですが、表紙がのりピーだったのでやめました (^^;)

『キャンディ・キャンディ』は、最初は6回連載予定だったらしいのですが、あの話を全6回でどう展開させて、どうまとめるつもりだったのかすごく気になります。

他の雑誌のインタビューによると、アンソニーが死ぬのと丘の上の王子様の設定と最後のシーンについては最初に決まっていたらしいです。
そうなると、テリィはでてこないし、アルバートさんもロンドン編とシカゴ編がなければ、いきなり最終回で変身して出てこられても、(小学生の)読者はただただ「エエッー!」。
感動より戸惑いで「完」になっていましたね。

でも、水木先生のことだから、また違う展開で読者を感動させていたかもしれませんね。
やっぱりはじめはどういう構想だったのか知りたいー o(><)o
posted by ペコペコ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | キャンディ

2010年02月11日

エジソン

今日は、発明王トーマス・エジソン(1847 - 1931)の誕生日だそうです。

[おもな経歴]
 ・1877年 蓄音機(フォノグラフ)を発明 (←ディズニーシーで実物が見れます)
 ・1879年 白熱電球を発明
 ・1882年 ニューヨークのパールストリートに世界初の発電所を建設。(2007年に閉鎖)

生涯を通じて1000個以上の特許を取得。


エジソンと言えば「直流」電気。
パールストリートの世界初の発電所も直流電気のシステム。
でも時代は、「電圧が容易に変えられる」「長距離でも効率的に送電できる」交流へと向かっており、直流方式の抱える問題点は交流方式で解決することができた。
死刑執行用の電気椅子に交流を使うよう進言したり、いろいろと交流電気の妨害活動などもしたそうですが、結局エジソンは敗れることに。



復習 - 【直流/交流】

 ・直流 (DC: Direct Current)
 ・交流 (AC: Alternating Current)

乾電池やバッテリーのように、プラス極とマイナス極が固定されているものは直流電源。

[パソコン]
 パソコンは直流電源で動いている。
 一般家庭のコンセントは交流なので、ノートパソコンの場合は、 AC/DCアダプターで「交流」から「直流」へ変換。
 デスクトップパソコンは内部の電源ユニットで「交流」から「直流」へ変換している。

[交流の周波数]
 プラスとマイナスが同じ周期で入れ替わっている。
 一般家庭のコンセントはプラス極もマイナス極もない。

 東日本では50Hz (1秒間に50回入れ替わる。0.02秒ごと)
 西日本では60Hz (1秒間に60回入れ替わる。0.0166秒ごと)

posted by ペコペコ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ史

2010年02月09日

「決闘」の行動速度

西部劇とかでよくある決闘シーン。
早く撃ったほうがいいじゃんと思っていましたが、「相手の行動を見て本能的に反応する速度のほうが速い」という研究結果が発表されたそうです。
まさか、後から銃を抜いた方が有利なのか?

その差は「0.02秒」。

結局は「相手の動きを見てから銃を抜くまでに時間がかかるので、実際に勝つことは難しい」という結論。な〜んだって感じです。

ルパン三世の次元大介は何秒だっけと思ったら、「早撃ち0.3秒」でした (^o^)
0.02秒の差じゃあ、次元でも難しい。


先に銃抜く悪漢、倒せる? =「決闘」の行動速度分析−英論文
2月4日6時7分配信 時事通信

【ロンドン時事】拳銃を相手よりも先に抜こうとする意識的な行動速度よりも、相手の行動を見て本能的に反応する速度のほうが速い−。英研究チームが「決闘」に関して実施した実験で、このような結果が判明した。3日付のタイムズなど英有力各紙が報じた。
 実験したのは、英バーミンガム大学のアンドルー・ウェルチマン博士のチーム。54人が参加し、拳銃の代わりに押しボタンを使い、行動速度を計測した。その結果、自らの意思で最初にボタンを押す場合よりも、相手の手の動きに反応して押す場合のほうが、行動速度が平均0.02秒速かったという。
 同博士は「意識的に行動する場合と本能的に外部の動きに反応する場合の二つの速度を計測したのは初めて」としている。
 ただ決闘で、「正義のガンマン」が、先に銃に手を掛けた悪漢を電光石火の早業で撃ち倒す西部劇でおなじみのシーンについて同博士は、後に銃を抜く人は、相手の動きを見てから銃を抜くまでに時間がかかるので、実際に勝つことは難しいと指摘している。 




posted by ペコペコ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ史

2010年02月08日

アメリカ古物協会

アメリカ古物協会
http://www.americanantiquarian.org/

1800年代からの資料がいろいろある。

昔のお札
antiquarian2.jpg

1873年の蒸気船の切符
antiquarian1.jpg
posted by ペコペコ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ史

2010年02月06日

フランスでのキャンディ・キャンディ

『キャンディ・キャンディ - るんるん別冊まんが』

runrun.jpg

1993年のるんるんの付録です。(3巻)
※付録は1993年〜1996年の全20巻で、各巻100ページずつ掲載。

1993年にフランスでコミックスが発売されたのですが、そのとき寄せられたファンのおたよりを巻末に掲載しています。

海外だとアニメのほうが先なので、コミックスを見た時どんな印象だったのでしょうね。
フランス人のキャンディファンに聞いてみたいです。

写真がちょっと見づらいですが、キャンディのポスターはフランスでも全然違和感がないですね。(^o^)

posted by ペコペコ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンディ

2010年02月03日

『アメリカ史研究入門』

『アメリカ史研究入門』 有賀夏紀/紀平英作/油井大三郎 編
 山川出版社


amaricashi.jpg
この本は「アメリカ史入門」ではなく「アメリカ史研究入門」。
読み物系の本とは違った切り口の解説で構成されています。
学術系の調べ物をする人には重宝する本だと思います。

趣味程度でアメリカ史を調べている私には専門的すぎるので、あまり縁がない感じです (^^;)
「すぐに図書館へ返却かも」と思いましたが、せっかく借りたのでちょこっとだけ読んでみる。

「通史編」「テーマ編」「資料編」に分かれていて、興味のあるところのみ参考にさせてもらうとすると、第三部の資料編が私のサイトとブログでは使える部分かなと。

 ・参考文献
   英語の本は、もともと読むつもりはないのでパス (笑)
   日本語の本は専門書レベルなので、県立図書館くらいの規模でないとないかもしれません。
   (読んだことがある本が何冊かあったので急に興味がわき、真剣にチェックし始める)
   φ( ̄ー ̄ )メモメモ

 ・オンライン情報の検索・入手・活用方法
   効率的に検索する方法を解説。
   誤用や剽窃には気をつけましょう。匿名記事や出典元は慎重に確認。フムフム。
   オンライン情報(辞典・論文・新聞・雑誌・公文書・学会)のURLは便利。
   φ( ̄ー ̄ )メモメモ

 ・文書館の案内
   公文書や地域史のURLなど。
   (ときどき見ているシカゴ歴史協会があったぞ)
   φ( ̄ー ̄ )メモメモ
posted by ペコペコ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ史

2010年02月02日

「ボストン・クリーム・パイ」 - マサチューセッツ州の公式デザート

昔よく行った近所のケーキ屋さんに『ボストン』というケーキがありました。

ホール型のスポンジケーキの中に、カスタードクリームがたっぷり入っていて、生クリームでデコレーションされたケーキでした。(→フランス洋菓子系の繊細な感じ)

久しぶりに食べたくなったのでどこかに売ってないか探してみたのですが、私のイメージとは全然違う「ボストン・クリーム・パイ」というケーキばかりがヒット。(→とてもアメリカンな感じ)

どうやら実際のボストンは、生クリームではなくチョコレートがかかっているようです。

boston_cream_pie.jpg


【公式デザート】
調べてみたら「ボストン・クリーム・パイ」は「マサチューセッツ州の公式デザート」とある!

「公式デザート」って言うのすごいですよね。公式ですよ、公式。

日本では「京都の八つ橋」や「長崎のカステラ」など、銘菓というのはあるけれど、(県花のような) 公式の県菓子なんてない (笑)


【公式ドーナツ】
マサチューセッツ州にはボストン・クリーム・ドーナツという「公式ドーナツ」もあるらしい。

ドーナツといえば、「ミスタードーナツ」と「ダンキンドーナツ」ですが、どちらも創業はマサチューセッツ州だそうです。
創業者は親戚なんだ。へぇ〜。

boston_cream_doughnut.jpg
※中にはカスタードクリームが入っている。
 クリスピークリームドーナツの「チョコレートカスタード」みたい

【ボストン・クリーム・パイの歴史】
http://whatscookingamerica.net/History/Cakes/BostonCreamPie.htm
「The Parker House Hotel」で作られた。
ホテルのレストランでは1856年の創業時からボストンクリームパイを出していたらしい。

【ボストン・クリーム・パイのレシピ (上記のレストランのレシピ)】
http://www.omnihotels.com/upload/images/hotels/bospar/pdf/parker%20house%20boston%20cream%20pie.pdf

posted by ペコペコ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ史

2010年02月01日

100年前の車のエンジン始動方法

今日スーパーの駐車場で、車のバッテリーが上がってしまい困っている人がいたので助けてあげました。とは言っても、単にボンネット開けてバッテリーつないだだけです。ははは・・・ (^○^;)

【復習】 ブースターケーブル接続方法


ちょっと素朴な疑問が・・・

「100年前はどうやって車のエンジンを始動していたのか?」


昔の車についての疑問はたくさんあるんですよね。給油場所とか燃費とか速度とか・・・

まずは、エンジン始動方法を調べてみる。

現在のような電気のセルモーター (スターター?) は、「1912年型のキャデラック車に初めて採用」されたようです。
T型フォードで装備されるようになったのは1917年から 。(オプション装備)


Yahoo! 百科事典「セルモーター」 より

初期にはエンジン前方のクランク棒を手で回して始動させたが、強い腕力を要するために女性や老人にはきつい仕事であった。さらにエンジンの不正爆発による逆転で腕や顎(あご)の骨を折ったり、ときには死亡することさえあった。そこでアメリカのキャデラック社の社長リーランドHenry M. Lelandがデルコ研究所所長のケッタリングCharles F. Ketteringに開発を委嘱、1912年型のキャデラック車に初めて採用された。


セルモーターの前は、人力ですか! すごいですね。

そのクランク棒をまわして始動させている動画がありました。

 ↓



これはキツイです! (笑)
女性は腕力がある人でも、人前ではできません (^^;)
posted by ペコペコ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ史